業務を円滑にする様々なシステム

飲食店の業務は「お客さまを案内して、料理を提供する」というだけではありません。各種情報の管理から、従業員のスケジュール調整、給与計算・支払いなど、その内容は多岐にわたります。「お客さまに美味しい料理を提供する」という業務に集中するためにも、そのほかの事務的な業務を円滑に進めるためのシステムを、積極的に導入していきましょう。

スケジュールソフトの利点【導入することで起こる変化】

男性

業務支援システムを導入するメリット

業務支援システムを導入するメリットは、いくつもあります。まずは「限られた時間を有効に活用できる」という点です。これまでは人がやっていた業務を、システムに置き換えることで、人件費の削減につながることでしょう。また人が作業する以上、避けられないのが各種ミスです。業務支援システムを正しく活用することで、ヒューマンエラーの可能性は限りなく低くできます。顧客からの信頼を失うようなことにもならないでしょう。

PC操作

業務支援システムを導入する方法

業務支援システムを導入するための方法は、まず「導入したいシステムの内容を決定する」というところからスタートします。業務支援システムにも、予約システムやチャットシステム、スケジュールソフトなど、さまざまな種類が含まれています。どのような業務を効率化したいのかで、導入するべきシステムは変わってくるでしょう。気になるシステムを見つけたら、開発会社に資料を請求したり、セミナーやイベントに参加してみたりしてください。専門家のもとで、無理なく導入を進めていけます。

スケジュール管理ソフトの導入前と導入後の相違点

情報共有とシフト管理に手間が発生

スケジュール管理ソフトが導入されていない場合、顧客の予約対応やスタッフのシフト管理は人が手を使って行うことになります。それぞれでカレンダーに書き込む方式が一般的ですが、ミスが発生しやすく、また情報共有がしづらいというデメリットがあります。

誰が見てもわかりやすい形でスケジュール管理を

スケジュール管理ソフトを導入すれば、顧客の予約対応は、全てシステム上で情報管理することができます。新たな予約依頼があった場合でも、過去の状況を瞬時に把握でき、ミス削減につながります。またシフト管理も楽に行え、スタッフ同士の情報伝達にも役立ってくれます。

チャットシステムを導入後は社内コミュニケーションが円滑化

メールや電話よりも手軽に情報をやりとりできるチャットシステムは、スタッフ同士のコミュニケーション活性化に一役買ってくれるでしょう。ちょっとした情報でも瞬時に共有することが可能で、顧客への対応で、スタッフごとのばらつきが出る可能性も低くなります。

予約システムを導入してよかったことランキング

女性
no.1

興味を持ってくれたお客さまを逃さない

予約システムを導入することで、「予約をする」という行動を、より手軽にできるようになります。興味を持ってくれたお客さまを、逃しづらいというメリットがあります。

no.2

リアルタイムの情報を発信できる

オンライン上で空き状況を瞬時に発信できるので、スムーズな予約につなげられます。急なキャンセルが発生した場合でも、すぐに情報を更新し、別のお客さまを探すことができます。

no.3

業務効率アップにつながる

予約の受付、状況の確認など、電話で対応していたときには、スタッフの手がふさがれてしまいます。予約システムを活用すれば、予約に関する仕事は、システムにお任せできます。その分、業務効率をアップできます。